やまのぼり。


十何年ぶりか、山登りをしました。
先週買ったリュックがここで活躍。

見たことない植物。
想像以上に舗装されていない山道。
知らない人でも会ったら「こんにちは」って言う事。
キジと遭遇したり、靴ズレしたり。
頂上で食べるおむすびとコーヒーがとてもおいしかったり。

何がいいってもうこれはしないとわからない事なので
全く説明にもならないのですが
山登りってこんなに気持ちよかったんだー、って思いました。


@cky

 
| 日常 | 22:35 | - | -
1DAY WORK SHOP。


今日は1日、会社の外に出てデザインを考える
いわゆるオフサイトワークショップってやつをしました。

普段会社でやるデザインのお仕事から思い切って離れて
いつもとは違う場所で、ペンやハサミや紙やハリガネを使って
「自分が欲しい未来のTVのミニチュアを自分の手で作る」
というもの。

芝浦ハウスという場所をお借りして開催しました。
10:00〜19:00くらいまで、15人で総勢80個くらいのテレビのミニチュアができました。
いつもと違う場所で、ツールを制限し、自由に作る。
突飛なアイデアも、なるほどなアイデアも、クオリティや現実味は置いてといて、まず作る。
唯一禁止されたことは
「ネタ被りNG。出来た時点で、他の人の同じネタが既にあったらやり直し。」
というやり方。スピード重視。いかに短時間で、いいアイデアを生み出せるか。
そんなわけで、これも業務だったりするけれど、
夢中で作っていたから、本当に1日があっという間。

右脳がものすごい廻った日。
普段はなかなかできないけれど
たまにはいいよね。


@cky

 
| 日常 | 20:35 | - | -
見た目と本質。


今日、リュックを買いに行きました。
来週山登りをするのに、そういえばリュック持っていないな
と気づいて買いに行くことにしました。

5店舗くらい見て回って、最終的に買った納得の逸品。
機能性もさることながら、形と素材の使い方のバランスがとても良い。
服にも合わせやすい。
そんな理由で、今回ミレーリュックを買いました。

他にもいろいろアウトドアグッズをお店で見ていて
機能的な審美性の進化がすごいなと思いました。

見た目と本質。
見た目=本質。

やっぱり本当は
そういうものを作れたらなって思うんです。


@cky
 
| 日常 | 23:12 | - | -
社訓。


1、2か月くらい前だったか、

突如会社の20階ある各階の壁がジャックされて
そこに社長からのメッセージが綴られていました。

「感動、とは」
と書かれた文章や図。

その細かい文章を一字一句覚えられているわけではないけれど
なんとなく
こういうことをさらりとやってのけるその心意気が
SONYっぽくていいなって
思いました。

正直私はソニーフリークでもないし
社畜でもないですが

こういうことをできる会社は
かっこいいなと
思いました。


@cky

 
| 日常 | 22:20 | - | -
東京蚤の市。


今日も本当に良い天気!
友達に誘ってもらって、「東京蚤の市」に行ってきました。
オープン前から、予想以上のすごい人。

普段は競輪場として使われているそんな結構な広さのところに、
言葉の通り本当に見切れないくらいの「蚤の市」マーケットがぎっしり。
しかも、どのお店もとてもきちんと吟味されたセンスの良いものばかり。
出店しているお店は実際に路面店を持っている
雑貨屋さんやアンティークショップのお店の人たちです。
さすが、見せ方もとても上手。

マーケットの他にも、普段は飲食店をやっているところが屋台として出していたり
演奏の聞ける音楽のステージもあったりします。
ザ・プーチンズ」という夫婦ユニットの、旦那さんのキレッキレの動きと歌と
奥さんの安定感の生テルミン演奏を聴くことができました。

そんなわけで、1日中楽しんだ上に
カゴバッグと机用の箒を買ってしまいました。
あー、楽しかった。


東京蚤の市

@cky

 
| 日常 | 17:55 | - | -
picnic!


待ちに待ったピクニックの日。
雨だったはずの土曜日は、びっくりするほどの快晴に。奇跡!

今回なんと気づけば20人?大所帯の会になりました。

中に楽器を持ってきてくれた人がいて、
楽譜もなく即興のセッションを披露してくれたり
「カホン」という木箱の打楽器に挑戦させてもらったり
お天気と緑と素敵な音楽と美味しいお酒とごはん。


picnic中の写真も撮り忘れるくらいとても楽しく過ごしました。


@cky

 
| 日常 | 23:12 | - | -
バイト。


大学の時にバイトしていた所沢駅のPRONTOが、今月15日に閉店
...という知らせを当時のバイト仲間から聞き、
予定外の日帰り所沢。
急遽、バイトメンバーと4人で集まってプロント会をしました。

多分、東口が再開発されるので、
それに伴って閉店となってしまったのではないかと思います。

オープニングスタッフをしてここでバイトをさせてもらえることになって
カクテルの作り方とか、食器洗いのコツとか、接客とか...いろいろ勉強になりました。

それから13年...だったかな。
飲食店として13年ってなかなかすごいと思います。

思い出の場所がなくなってしまうのは、少しさみしいですが。。
ここでバイトできてよかったなぁ。


@cky

 
| 日常 | 22:10 | - | -
ボンサイ。


今日は、盆栽を作りました。
お恥ずかしい話ですが
私、盆栽(というか植物の生態)のこと何にも知らず
盆栽の植物は大きくなったら鉢の植え替えや庭に植えたりするのかと思っていましたが

そもそも植物というのは
その鉢大きさの世界の中で最適なサイズに順応する力があるそうで
だからモミジみたいな大きな木になるようなものも、
盆栽の鉢の中ではその鉢のサイズの中で何年、何十年も生きられるサイズになっているのだそうです。
てっきり「盆栽用」のミニチュアサイズになる品種なのだと思っていました。

そんな植物の環境適応力の高さに驚き、
またそれを愉しむという日本の文化ってすごいな、と思ったのでした。



@cky

 
| 日常 | 21:54 | - | -
アイデンテティと平均値。


今日、「プロダクトデザインってどんなお仕事なんですか?」
と聞かれました。

もう10年以上もそのその職業環境の中で生活をしているので
本当に何も思わなかったけれど、
"プロダクトデザイン"って、実はすごいニッチな業界なんだなって
思いました。...というか知りました。
「アイドル」とか「サッカー選手」まで行かないにしても
正直、「保育士」とか「マンガ家」とか「銀行員」とかと同じような
誰でも知っているような職業だとなんとなく思っていたけれど
よく考えてみたら自分ですら「プロダクトデザイナー」
なんて大学進学を考える頃に初めて知ったくらいだったことを思い出しました。

ここにきて、改めて考えると
自分はけっこう変わっている方の部類なのかもしれないなぁ、と思いました。
良くも悪くも。


普通ってなんだ。



@cky


 
| 日常 | 22:33 | - | -
弘法筆を選ばず。


Rhinocerous、始めました。
ライノはプロダクト寄りの3Dモデリングツール。
会社では主にsolidworksというソフトを使っていますが
ライノを使っている人も何人かいます。

初めて講習会に行ってお金を払って習うってことをしてみました。
6時間、3万円。高い!
...って最初思ったけれど、正直これを独学で学ぼうと思ったら
実務案件2〜3案件こなさないとわからないのかも。。
そう思うと安いものなのかな、という謎の値頃感を感じました。

ライノは「面張りに強い」とよく聞きますが
3D CADとはまたちょっと違うみたいで
「寸法」という概念はプライオリティが低い方なのかなと思いました。
正直これでモノ作っちゃって大丈夫なのかな...?感がありましたが
実績もあるから、方法次第なのかな、、、とか。

知れば知るほど
会社のみんなどうやってそんなきれいな形作っているのか不思議になる。
結局ツールじゃないってことが分かる。

こんな近くにたくさんお手本がいるのに、未だに結局わからない。
悔しいので頑張ります。



@cky

 
| 日常 | 22:21 | - | -